p116



暖かい日が続いています。

長男くんの学校の
教室の窓からの景色は
満開の桜であふれていて
「日が当たると 桜でまぶしいくらい きれいなんだ。」
と言っていました。

でもね、
桜の花粉症のクラスメイトがいて
「はやく散ってくれ~」
って祈っていたそうです。
そういう方もいるのね。

ものごとには
相反するふたつの面がありますね。





もうすぐ、
仲良くしてくれていたお友達が
引っ越してしまいます。

今までもお互い
そんなに頻繁に会えるわけではなかったけれど
いつでも会える距離
でなくなるのは、やっぱり寂しいです。

また、会おうね。
遊びに行くね。

ということで
きっと 行くと思う。
それは、新たな楽しみでもあります。